このごろのマンション生活 賃貸 中古不動産 一戸建て 住宅 新築 土地

賃貸マンション、中古マンション、高齢者向けマンション、デザイナーズマンション、高層マンション、分譲マンションなどなどマンション生活も様々なジャンルに分けることができますね。個人的に南千住や武蔵小杉の高級分譲マンションにとても興味があったので調べてみました。分譲マンションとはご存じのとおりマンションの一室を販売しているタイプをいいますね。建物の中は、専有部分と共有部分とに分かれているそうです。この分譲マンションのいいところは間取りや内装をカスタマイズできて長く住めるところや資産価値がつくところでしょう。しかしながら実際は専有部分の修繕や改築でも管理組合の許可が要るなどそれほど自由度が高いとは言い切れないようです。

マンション生活で、やはり、言われているのが近所とのお付き合いが何かと言われることが多いかと思います。マンション生活では、やはり隣の人がどんな人が住んでいるのかわからないといわれることが多いですが、私もマンションに住んでいますが、隣近所との付き合いは本当に多いかと思います。だから、今のマンションに住んでいても安心感があります。やはり、隣にどんな人が住んでいるかを知るだけでもやはり少しの安心感もあるかと思います。そんな中でも、昨年の震災以降、私の住んでいるマンションでもやはり人とのつながりがすごくできるようになったと思います。やはり、昨年の震災は、本当にすごく、やはりマンションの中でも隣近所の協力がなければ生活ができなかったのではないかと思います。高層マンションで、震災に合ってしまうと電気が止まってしまったことでエレベーターが使えず、水も止まってしまうと外まで水を汲みに行かないと行けなかったのですが、やはりマンションの住民は、年代も幅広いために階段をスムーズに下りることもできない方も痛そうですが、近所の協力で若い方たちが、階段を上って水を運んでいたとのことで、やはり、近所付き合いは本当に大切なことではないかなと思っています。

柏 ペット可 賃貸はナビックが取り揃えています。
2240

一戸建てを安く買うなら中古を狙う

 そろそろマイホームを買いたいと考えた時に、マンションにするか一戸建てにするかで悩むものです。マンションの良さは何と言っても立地条件がいいことが挙げられます。値段的にも安いので、ローンの返済計画も立てやすいという側面もあります。しかしその半面、どうしてもローンを支払った後のことが気になります。例えば30年のローンを支払うとすると、払い終えた時に住んでいるマンションは新築を購入したとしても築30年ということになります。こうなると転売しようとしてもほとんど価値がなくなってしまいます。 その点一戸建ては、建物自体は古くなって価値がなくても、土地には十分な利用価値があります。建物を取り壊して転売してもかなりの現金を手にすることが期待できます。仮に子供が住み続けるのであれば、建物だけ新しく子供の資金で立て直すということも選択できます。つまり一戸建ての方が、選択の幅が格段に広いのです。 もちろん一戸建ての購入資金はマンションより高くつくことが多いのも事実です。同じ価格であれば、都市の中心部から離れたところにしか資金的に購入できないという可能性も高くなります。そんなデメリットを克服するために、築年数の進んだ中古の一戸建てを狙うという作戦もあります。 築10年以上の一戸建てであれば、かなり値段は下がってきます。ローンを組むときにでも資金に多少の余裕が出てくるはずです。住み続けるにはリフォームは欠かせなくなりますが、それはマンションでも同じことなのです。住宅設備というのは数年ごとに換えていくものですから、マイナスにはならないでしょう。 中古の物件でも外装のリフォームを行えば見栄えは新築と見まがうばかりに向上します。住宅設備も新しいものを後から導入することも可能なので、住み心地は良くすることができるのです。 資金を抑えつつ、将来のために土地を入手する感覚で、中古の一戸建てを買うという選択は、長い人生を考えるとかなり有力な選択となるのです。

Copyright ©All rights reserved.このごろのマンション生活.